【保存版】松本⇔東京を格安で移動する方法5選!定価購入はもったいない

旅行

松本エリアから東京方面へ行く方の多くが使う「特急あずさ」。便利で快適な反面、往復13,240円は結構大きな出費です。物価高が叫ばれる昨今ですので、利便性を失わずより安い方法で移動する方法をご紹介していきます。

普通列車

松本⇔東京を行き来する手段はいくつかありますが、今回は特急あずさ・普通列車・高速バスの3つのケースで考えていきます。安曇野・塩尻にお住まいの方も同じような方法で可能ですし、松本方面へ観光に行こうと思っている方も活用できる内容となっています。

移動手段と購入方法片道の所要時間片道料金
特急あずさ13日前までにネット予約2時間30分4,620円
特急あずさ当日までにネット予約2時間30分5,950円
普通列車(週末フリー乗車券)4時間30分往復5,290円
普通列車(青春18きっぷ)4時間30分往復2,410円
高速バス WEB回数券3時間20分3,250円
早見表

※週末フリー乗車券は週末のみ利用可能。GWやお盆期間・年末年始の購入は不可
※青春18きっぷは期間限定の販売で価格は5回分セット12,050円。往復2,410円は日帰りの場合

スポンサーリンク

まずは一番利用が多い「特急あずさ」を格安で乗車する方法からご紹介していきます。大前提としてネット上で予め予約しておく必要があります。座席数に限りがありますので繁忙期は競争が激しく、完売により13日前でも買えない事がありますのでご注意ください。また指定された列車・座席・区間以外へは乗車できません。詳細は予め注意事項のご確認をお願いします。

通常 松本〜新宿のあずさ運賃は片道6,620円ですが、JRのサイトで乗車日の13日前までに申し込むと30%OFFの4,620円で乗車する事が可能です!さらに子供は2,300円と破格の値段で利用できます。

また乗車日当日までの申し込みでも10%OFFの5,950円になります。往復で昼食代くらいは浮くので活用するしかないですね。では手順を詳しく見ていきましょう!

特急あずさ

まず予約をするためにJRのえきねっとというサイトにアクセスし、下にスクロールしていった所にある「JRきっぷのお申込みへ進む」をタップします。えきねっとの会員でない方は最初に会員登録が必要になります。

あとは画面に従って、自分が取りたい便を予約すれば完了です。片道でも往復でも取れます!特段難しいことはありません。支払い方法はクレカの他に、コンビニや駅での現金払いも可能です!

予約時に席もネット上で決められるので、当日の朝に窓口や券売機であたふたしなくて済むのも嬉しいポイントですね!予約が完了したら、メールでQRコードが送られてきます。QRコードを拡大してスクショしておけば、当日スムーズに発券できるかと思います。

券売機

当日は駅の券売機に行きます。券売機にはQRコードリーダーが付いているので、受け取ったQRコードをかざして発券するだけです。とっても簡単!

車内の様子

いざあずさに乗車!車内は広々としていて、窓からの景色も楽しめます。あずさは新宿までの所要時間が約2時間30分と、快適な移動ができること間違いなし。松本から新宿までの移動が往復4,000円も安くなるなんて、本当にお得ですよね!ぜひ皆さんも試してみてください。

スポンサーリンク

続いてご紹介するのは普通列車を使って移動する方法です。先程のあずさ格安利用でも往復9,000円くらいはかかりますが、こちらは往復5,000円ちょいで移動することが出来ます。

利用するのは週末のお得な切符「中央線東京週末フリー乗車券」というものです。この切符を1枚買えば松本など県内各駅から東京まで往復でき、かつ東京フリーエリア内で2日間乗り降り自由になるという優れもの。応用法として別途特急券を買えばあずさも利用可能です!

出典元:JR東日本

切符は有効期間開始日の前日までの発売となっていますので、金曜日までにみどりの窓口や指定席券売機で購入する必要があります。券売機でパパっと買えますが、よくわからない方は窓口で聞いてみて下さい。

普通列車

東京ではJR線が2日間乗り放題なので、観光スポットを巡るのにも便利です。何回も乗り換えをしていると2日間で2,000円くらいにはなるので、それが無料というのはあずさや高速バスにはない特典で嬉しいですね。この方法を利用すれば大人は5,290円、子供は破格の1,930円で松本〜東京間を往復できるので、格安で週末旅行を楽しめます。

これが個人的には一番オススメの方法です。土曜日の朝に松本を出て、普通列車で4時間半かけて昼前到着。東京エリアのJR線は2日間乗り放題なので移動料金なし!首都圏で行きたいところを回り、日曜日の夜に帰宅するコースです。普通列車で4時間半はキツいように思えますが、乗ってみると意外と大したことなくすぐに到着します(※筆者は20代男)。往復5,000円ほどで東京に行けて更に向こうでの交通費圧縮にも繋がるのは嬉しいですね。

出典元:Wikipedia

青春18きっぷが販売される長期休みのシーズンでしたら、こちらも使ってみたいところ。これは昔からあるのでご存知の方も多いのではないでしょうか。ただし5回分セット12,050円での販売になるので、複数人で行くか数日の行程でないと割安感がありません。購入は指定の販売期間に券売機やみどりの窓口で可能です。期間は毎年少し異なるので、都度サイトにて確認をお願いします。

スポンサーリンク

最後にご紹介するのがアルピコ交通の高速バス。朝早くから夜遅くまで出ているので嬉しいですよね!ただ22年8月から値上げされて窓口で買うと片道4,000円くらいはしちゃいます。ここでまたネット購入の出番。「WEB回数券」というものを購入すると、片道3,250円で移動可能です!ただこれ以前は2枚回数券があったんですが、4枚回数券のみになっていました。2人で往復するか、何回か行く予定がある方でないと厳しいです。

個人的には定時性・安全性・価格のどれを取っても鉄道の方が良いかなと思っているので、あまり利用したことはありません。

出典元:アルピコ交通

普通列車やバスが厳しい方は、もう圧倒的にあずさのネット事前予約です。当日もQRコードをかざすだけで発券できるので、乗車前の忙しいとき時短にも繋がります。混んでいる改札の近くの券売機ではなく、認知度が低いみどりの窓口に入って右手にある券売機の方がオススメです。

ぜひこれらの方法を活用して、お得に旅行を楽しんでください!

旅行
スポンサーリンク
マツサイ
タイトルとURLをコピーしました